【SCAJ2021展示会イベント】コーヒーマイスター有資格者対象

第7回利き珈琲選手権!

SCAJトレイニング委員会による、コーヒーの官能評価を競う「第7回利き珈琲選手権!」を開催します。
優勝者は、「2021年コーヒーマイスター利き珈琲王」として表彰します。
楽しみながら国ごとの風味・特徴の違いを体感して学習できるイベントです。

今回の「利き珈琲選手権!」も、生産国の違いや生産処理方式、格付け違いなどの出題を予定しています。
「第7回利き珈琲王」をめざして頑張ってください!!

皆様のご応募お待ちしております!!!
コーヒーのお土産もご用意しておりますので、お楽しみに♪

お申込み概要


※第1回~第6回のコーヒーマイスター利き珈琲王に輝いた方は、今回の利き珈琲選手権の参加はご遠慮下さい。

開催日 2021年11月18日(木) 12:30 ~ 14:30 (12:15~受付)
会場 東京ビッグサイト青海展示棟Aホール イベントステージ(アクセス
東京都江東区有明3-11-1
イベント内容 12:30~14:30 第7回利き珈琲選手権
※カッピングスプーン・筆記用具・エプロンは各自ご用意下さい。
参加資格 マイスター有資格者(SCAJ会員であり、有効な認定書を所持されている方)
参加費 3,000円(税込)
定員 30名 ※先着順とさせて頂きます。
お申込 第7回利き珈琲選手権 お申込みフォーム
募集受付期間 10月20日(水)10時 ~ 10月29日(金) 17時まで
お問合せ先 日本スペシャルティコーヒー協会: info@scaj.org

第6回利き珈琲王!     エモ珈琲 鳥川 健 様

第6回利き珈琲王東京都町田市で注文後焙煎での通販中心の自家焙煎珈琲工房「エモ珈琲」を営んでおります。
元々は和食で基本を学び調理の道に進んでおりましたが、焙煎機や生豆の輸入販売の会社のお手伝いをさせて頂いた事がきっかけで珈琲の世界に魅せられました。
現在はシンプルな直火式焙煎機に落ち着き、焙煎技術は独学でいろいろな豆に興味を持ち自己のメソッドを作っていくスタイルです。お客様に珈琲を安心できる農産物として意識してもらいたいため、味作りもクリーンさ、食品として安心できる香りと味の良さを重視しています。
SCAJには、より深い珈琲の知識欲から入り、アドバンスドコーヒーマイスターの資格を頂いています。焙煎・抽出は、理想を追求する事で独自のバランスの香味を引き出せるのが魅力ですが、同時に他者が焙煎・抽出した豆を客観的に評価することがおろそかになりがちなため、有難い機会と考え何度か利き珈琲選手権に参加させて頂きました。普段スペシャルティクラスを扱う事が多く、下位グレードに普段感じない違和感があり、そこから上手く選別できたかと思います。ただ、下位グレードでも素晴らしい香りの豆もあり悩みました。まだ参加されていないコーヒーマイスターの皆さんにも、ぜひ今回のような主要生産国のグレード違いのコーヒーの香味の違いを体感していただきたいと思います。次回の利き珈琲選手権に参加されることをお勧めします。今回の優勝を励みに今後も美味しく安心できる珈琲を提供していきたいと思います。
SCAJトレイニング委員会、運営並びに参加者の皆様もありがとうございました。

第5回利き珈琲王!     小川香料株式会社 和田 聖己 様

第5回利き珈琲王私は、小川香料株式会社で、主に香気成分の分析を行っています。
大学生の時にコーヒーの美味しさ・奥深さを知って以来、カフェ巡りや飲み比べ・勉強を通じてコーヒーの知識を身につけてきました。また、小川香料へ就職してからは、香りや味の研修・業務経験を通じ、より深い知識を得ることができました。
SCAJで利き珈琲選手権があると知り、自分のコーヒーや香りに関する知識・経験がどの程度のレベルにあるのか、腕試しを兼ねて出場することにしました。2017年の大会では決勝で敗退したのですが、その経験と反省を活かし、緊張する場面で自分の嗅覚・味覚がどのように変化するかを考慮できたことが、今回優勝できた要因の一つだと思います。今後も香りのプロフェッショナルとして、コーヒーをはじめとする様々な食品に、香料を通じて美味しさや新たな価値を提供し続けられるよう、研鑽を積みたいと考えています。最後になりますが、このような機会を作って下さったSCAJトレイニング委員会に感謝申し上げます。

第4回利き珈琲王!     赤富士珈琲 清 勝紀 様

静岡県富士市で自家焙煎珈琲の専門店「赤富士珈琲」を営んでおります。自家焙煎の老舗「カフェバッハ」で焙煎技術や様々なコーヒー知識を学び、2014年に開店しました。常日頃より「生産者の思いをお客様に届けよう!世界一の珈琲を提供しよう!」という思いで日々研鑽しております。前回の優勝者が同じカフェバッハで学んだ内山さんと知り、自身の実力確認のため、「利き珈琲選手権」に初めて参加しました。出題されたカップは全て浅煎りの酸味のコーヒーだったと思います。全問正解とはいかなかったですが、各国に共通する風味を確認しながら慎重に回答しました。決勝での1カップ目は分かりやすいマンデリンでした。他の方は酸味の多さに惑わされているように見受けられましたが、自信を持って回答できました。赤富士ではマンデリンは深煎りの苦味のコーヒーで提供していますが、常日頃から様々な焙煎度での風味を舌で覚えておかないと、正解するのは難しいと感じました。今回優勝したことでお客様が自分の事のように喜んで下さったのが一番嬉しく、また自信にもなりました。このような機会を作って下さった「SCAJトレイニング委員会」には感謝いたします。

第3回利き珈琲王!     ドゥムートン 内山 紘伸 様

内山紘伸様 写真私は千葉県匝瑳市で自家焙煎珈琲店ドゥムートンを営んでいます。店をオープンするにあたり技術向上やスペシャルティコーヒーの普及の為、コーヒーマイスターを取得しました。いちコーヒーマンとして焙煎、抽出など自信をもって仕事をしていますが、コーヒーの味作りは奥深く、時に悩むこともあります。特にカッピングは仕上がりを確認するうえで大事な技量であり、常に意識して仕事をしてきました。そんなある日、SCAJでの「利き珈琲選手権」の事を知り、自分の技量の確認ができる機会だと思い参加いたしました。ブラインドでコーヒーを当てるという作業は初めてだったので、迷う部分もありましたが、自分の感覚に自信を持って回答しました。そして幸いにも第三回で優勝することができました。予選から決勝まですべて正解することができ、自分の日々の活動の成果が出たことが何よりうれしかったです。私にとってこの結果は、よりコーヒーマンとして自信を持てるきっかけになり、お客様にもより喜んでいただけるようになりました。このような「利き珈琲選手権」を開催していただき、トレイニング委員会には感謝しています。