概要


基本構想

日本スペシャルティコーヒー協会は、「スペシャルティコーヒー」に対する日本の消費者および世界のコーヒー生産者の認識を高め理解を深めます。その栽培からカップのコーヒーに至るまでの体系的知識や技術の普及、啓蒙を図り、消費増大を目指します。また、これにより日本の「コーヒー文化」のさらなる醸成、世界のスペシャルティコーヒー運動への貢献、およびコーヒー生産国の自然環境や生活レベルの向上を図っていくことを活動の基本構想とします。

住所

一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会
〒105-8577 東京都港区新橋6-1-11 Daiwa御成門ビル
TEL. 03-5400-5506 FAX. 03-5400-5613. E-mail info@scaj.org

沿革

                      

1987年 おいしいコーヒーの普及と啓蒙を目的に「全日本グルメコーヒー協会」として発足
1999年 「世界スペシャリティーコーヒー会議」(日本大会)を契機に「日本スペシャリティーコーヒー協会」に名称変更
2003年 国内外に向けより開かれた協会として、「日本スペシャルティコーヒー協会」として新規設立
2004年 設立1周年記念行事として3月東京、10月大阪にて「ワールドスペシャルティ コーヒーロード」コンファレンス展示会を開催
2007年 7月東京ビッグサイトにて「SCAJ2007」&「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)2007」を同時開催
2012年 9月コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)より「マヌエル・メヒア・コーヒー功労賞」を受賞
2013年 6月ニースで行われた「ワールドラテアートチャンピオンシップ(WLAC)2013」、「ワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ(WCRC)2013」で優勝、「ワールドコーヒーテイスティングチャンピオンシップ(WCTC)2013」準優勝と優秀な成績をおさめ日本は「2013年ベストネーション賞」を受賞
2014年 10回目の展示会となる「SCAJ2014」開催
実技資格認証制度スタート
2015年 SCAJ2015展示会 来場者2万5船名を超える
スペシャルティコーヒー市場調査の実施
2016年 WCR Sensory Lexicon日本語のまとめ
Re:verb Tokyoの開催
2017年 SCAJ2017展示会 拡大開催 来場者3万人にせまる
2018年 コーヒーマイスター有資格者 5千名を超える
2019年 市場調査「一般消費者来店客調査」の実施