Qグレーダーコース 2021年秋(10月)Qアラビカグレーダーコース中止のご案内

※新型コロナウイルス感染拡大による、マネ・アルベス講師の渡航困難の為、2021年 秋(10月)の開催を中止させて頂きます。(2021/9/21更新)

2021年10月開催予定の『Qアラビカグレーダー、リテイク(追試)、キャリブレーションの各コース』と、それに関連するセミナー、勉強会等はは新型コロナウイルス感染症の影響とマネ・アルベス講師の渡航困難から開催を中止させて頂く事となりました。感染が続く中で、コースの実施内容を考慮してこの度の判断とさせていただきましたので、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

なお、今後の開催予定(2022年前半)や募集方法にしては、諸状況を考慮したうえで判断し、
あらためて弊協会HP、メルマガなどでお知らせいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 2021/9/21□■                   
■★★「2021年 秋 Qグレーダーコース中止」のご連絡★★       
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥

お世話になります。

2021年春のQアラビカグレーダーコース開催につきまして、
CQI本部、講師のマネ・アルベス氏と当協会の担当委員会と協議し、
未だ新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない事から講師の
マネ・アルベス氏の来日予定が立たない事から本コースを残念ながら
開催中止とさせて頂く事となりました。
皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけしお詫びを申し上げます。

※尚、先般同様に2020年度の全コースと2021年度の全コースが中止となり
資格有効期間を過ぎてしまう方が多数おられます。その点に関しましては、
ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、前回同様にCQI本部より
下記の依頼、対応策の連絡がございました。

********<重 要>*********
1.資格有効期限の延長依頼については、個別にCQI本部に依頼する。
  ※CQI本部からは、本件に関し一律に連絡、通達は出ません。

2.CQI指定の専用フォームにて要望する。
  ※CQI本部が、個別の要望に応じて有効期限延長や猶予期間延長をする。

専用フォームは下記のURLから取得ください。

Calibration and retake update

このURLリンク先ページの最末尾にある「this form」というリンク文字列をクリック
すると表示されます。(少し見ずらいのでご注意ください)

フォームには 1.~11.の質問事項があり、必要事項をご入力ください。

尚、最後の質問にある、11.Do you have any additional details you would like
to share about your specific request/situation?” という問いがありますが、

これへの回答には
「日本ではまだ感染症COVID 19の流行が収まっておらず、InstructorであるMr. Mane Alvesの
来日が困難となり、未だカッピングセッションで感染する可能性がある事からキャリブレーション
コースにはまだ参加できない」という趣旨のことをお書き頂ければよいと思います。
例えば:
In Japan, COVID-19 infections have not yet subsided. The instructor, Mr. Mane Alves
cannot come to Japan and   Calibration will be difficult under this this pandemic
situation. There is still the possibility of infection during cupping sessions.
Therefore, I can’t attend the course yet. Please extend my Q arabica grader’s
qualification date. 
といったようです、ご参照ください。また、別の状況にある方は、その趣旨を
端的にご記入される事が良いと考えます。宜しくお願い申し上げます。
改めてお詫びを申し上げますと、ともにご理解賜りますよう、
何卒、宜しくお願い申し上げます。

CQI認定Qアラビカグレーダーコース

SCAJ サスティナビリティ委員会では、CQI公認インストラクターのマネ・アルベス氏とともに、「Qグレーダーコース(Q Arabica Grader Combo Training and Exam)」を2022年3月に神戸で開催が出来るように検討しております。改めてコースの概要を下記にてご参照ください。2021年の末頃には
情況を見ながら改めてご案内申し上げます。

本コースはQアラビカグレーダー認定を目指して行われる6日間連続の短期集中講座です。SCA 方式のカッピングと、それに必要な基礎技能、生豆の鑑定、一般知識などに関する科目について、トレーニングや試験が行われます。

受講者の募集や受講申し込み、講師への受講料の支払いなどはSCAJが取りまとめますので、参加を希望される方は下記の要領を
十分に確認のうえ、お申込みください。

※キャリブレーション・コース(資格更新試験)は3月(東京と神戸)にて3日間程度連続で
開催予定です。

開催日 2022年3月の予定
会 場 UCCコーヒーアカデミー SCA認定ラボ
兵庫県神戸市中央区港島中町7-7-7 UCC上島珈琲(株)本社ビル 2階 (アクセス
 定 員 24名
※最少催行人員:12名の予定
※お申込者多数の場合、1社4名までとさせていただく場合がございます。
講 師 マネ・アルベス (CQI認定Qグレーダーインストラクター)
 費 用 【料金】
SCAJ会員    300,000円(税込)
SCAJ非会員   350,000円(税込)【料金に含まれるもの】
CQI登録料、講師料、通訳料、教材費、施設使用料、昼食代

【料金に含まれないもの】
宿泊費、交通費、旅行保険等

※宿泊が必要な場合、原則としてご自身でご手配ください。
※SCAJが宿泊予約を行う場合も、支払いは現地で宿泊者ご自身に行っていただきます。

【オプションの教材購入について】
グリーングレーディングの主要教材である「Defect Handbook」はQグレーダーコース内で各受講生に貸与され、コース終了後に回収されます。ご自身専用のものをご希望の場合、SCAJからご購入いただけます。価格は4,500円(税込み)で、コース初日にコース会場にてお渡しとなります。購入を希望される方は申込フォーム内のオプションを選択してください。
※数に限りがございます。先着順で注文をお受けいたします。

【昼食ついて】  
Qグレーダーコース中の昼食につきまして、基本は事務局にて準備いたしますが、
アレルギー等のある方はご自身で準備してくださいますようお願いいたします。

 その他の重要事項 Ⅰ. コースの性質や合格要件などについて

  1. Qグレーダーコースの開催形態は2つに大別されます。1つは(主に生産国の)コーヒー機関が主催し、CQI認定インストラクターがCQIから派遣される形態。もう1つは(主に消費国において)CQI認定インストラクターがCQIの公認の下、自らの事業として開催する形態です。日本でのQグレーダーコースは今回を含め後者に該当します。Qグレーダーコース開催におけるSCAJの役割は、日本居住者が日本において日本語で同コースを受講できるよう、受講希望者とインストラクターにさまざまな形で便宜を図ること(例えば、受講申込や受講料支払いの取りまとめ、施設・通訳・アシスタントの確保といったサービスの提供)です。SCAJは本コースの開催にあたってCQIまたはインストラクターを代理するものではなく、コースの内容や受講者の成績について何ら保証せず、責任を負いません。
  2. 本コースは指導よりも試験に比重を置いたものです。お申し込み前に必ずこちらをご覧ください。
  3. Qグレーダーになるには20あるテストにすべて合格しなければなりません。テストは6日間のコース中の後半3日間にすべて実施されます。最近の実績では、コース中にすべてのテストに合格する方は全受講者の半数程度です。
  4. 不合格者が多かったテストについてはインストラクターの裁量でコース中に追試が行われることがあります。すべての試験について追試が行われるとは限りません。カッピングと筆記試験は同一コース内で追試を行なわないことになっています。
  5. 初めて受講するコースにおいてすべてのテストに合格できなかった場合、取りこぼしたテストについては、以降に開催されるコースにおいて有料で再試(リテイク)を受けることができます。ただし、リテイクには期間・回数上の制限があり、最初のコースから18ヶ月以内、参加できるコースは初回を含め3回までとされています。この期間・回数の範囲内にすべてのテストに合格できなかった場合、それまでの合格成績は無効となります。
  6. Qグレーダーの資格は終身的なものではなく、3年ごとの更新(キャリブレーション)が必要です。更新(キャリブレーション)には有料(2万円程度)の試験に合格する必要があります。

Ⅱ. 受講前・受講中のサポートなどについて

  1. 受講料のお振込み先、本コースの時間割等については、お申込後にご案内いたします。
  2. コース開始までにCQIのデータベースに受講者の情報を登録する必要があります。登録の手引きの資料をSCAJから提供しますので、登録作業自体は受講者ご本人がCQIウェブサイトにて行ってください。なお、お申込みの際にご提供いただいた情報はSCAJからもCQIに提供することがあります。
  3. コース全日程を通じ日本語の通訳が付きます。

Ⅲ. コース終了後について

  1. SCAJはコース終了後に受講者をサポートする義務を負いません。受講にあたってお支払いいただく料金にはコース終了後の受講者に対するサポートの費用は含まれていません。
  2. 合否の正式判定はコース終了後、CQI本部による成績の確認が終了してからとなります。SCAJから成績を通知することや認定証を送付することはありません。成績の確認や認定証の取得はいずれも受講者ご本人がCQIのウェブサイトにログインして行います。
  3. 受講者の情報はCQIのデータベースで管理されます。当該データベースには受講者ご本人がCQIウェブサイトからアクセスすることができます。受講成績の確認や資格有効期限の把握は受講者ご本人が行うものとします。ウェブサイトへのアクセスに必要なユーザー名・パスワードにSCAJは関知しません。
  4. Q Coffee System やQグレーダーに関する規則はCQIがそのウェブサイトや認定インストラクターを通じて周知しています。当該規則などQグレーダーに関する情報の取得は受講者ご本人で行うものとし、SCAJは当該規則の変更などがあった場合も受講者にこれを通知する責任を負いません。
  5. 前号までの記述にかかわらず、SCAJはCQIやインストラクターへの問い合わせにおいて受講者を無償で支援することがあります。この支援はあくまでもSCAJがその裁量にて行うものであり、SCAJの義務の履行ではありません。回答に要する時間や回答の内容について受講者はSCAJを免責するものとします。
時間割 QG時間割2020春 .xlsx※2/14up
持ち物 カッピングスプーン / 電卓(スマートフォンによる代用は不可)/エプロン / 筆記用具
※貸出しは行っておりません。必ず、当日ご持参ください。
お申込み方法 オンライン申込みとなります。
お申込みフォーム
 お申込み期間 2022年1月頃(金)
(先着順での受付の為、期限前でも受付を終了することがあります)
お問合せ 日本スペシャルティコーヒー協会 事務局
電話: 03-5400-5506  FAX: 03-5400-5613  Email: info@scaj.org