Posted on
2018年09月18日
News Categories
Qグレーダー
セミナー・ワークショップ

CQI公認「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」募集のご案内

Event Categories

2018/10/29 ~ 2018/10/30

SCAJ サスティナビリティ委員会では、CQI公認インストラクターのマネ・アルベス氏とともに、「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」を2018年10月29・30日に神戸で開催します。
受講者の募集や講師への受講料の支払いなどはSCAJが取りまとめますので、参加を希望される方は下記をご確認のうえお申し込みください。
なお、本講座はQグレーダーの資格がなくても受講可能です。

「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」について

1. 概要  「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」は、コーヒーのプロセシング(精製)に関する2日間連続の短期集中講座です。米国のCQI(Coffee Quality Institute)が2017年に新設した「Qプロセシングプログラム」の初級編にあたります。

 「Qプロセシングプログラム」はコーヒーのプロセシング(精製)に関する理解を深め、コーヒー品質の向上や、精製の手順の標準化、生産者の競争力の強化、リスクの低減、サプライチェーン全体を通じて信頼できるシステムの構築に資することを目的としています。

 「Qプロセシングプログラム」は既存の「Qグレーダー」とは独立したプログラムであり、初級(レベル1:ジェネラリスト)のほか、中級(レベル2:プロフェッショナル)と上級(レベル3:エキスパート)の3階層の講座・資格で構成されます。

 レベル2とレベル3は実際に精製に関わる人や精製を学術的に研究する人のための内容で、産地での実地研修が含まれるのに対し、レベル1は主要な精製方法とその進め方やコーヒーの風味への影響について学びたいと考えるすべての人を対象とした、座学とカッピングが中心の講座です。

2. 内容 「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」で取り上げる内容の概要は次のとおりです。
(1) 導入
コーヒーづくりの一連の過程(バリューチェーン)における精製の役割 | 精製の歴史

(2) 精製の方法
コーヒーの果実の構造 | コーヒーの果実の構造に基づく精製の分類 | コーヒーの成分と風味に対する精製の影響 | 精製に関するよくある誤解 | 精製が異なるコーヒーの比較カッピング

(3) コーヒーの発酵
発酵とは | 湿式と乾式における発酵 | 発酵とミューシレージ除去 | 発酵に関するよくある誤解 | 発酵過程が異なるコーヒーのカッピング

(4) コーヒーの乾燥
過小評価されている工程 | 種子における水分とその除去方法 | 天日乾燥と機械乾燥 | 乾燥に関するよくある誤解

(5) 精製の課題と将来
気候変動 | 水質汚濁 | 社会的課題とサステイナビリティ | 産地における教育と精製の将来

(6) 理解度評価 (筆記試験)

3. 資格付与

2日間のコース中に行われるすべての活動に参加し、理解度評価(筆記試験)で75パーセント以上の成績をおさめると、「Qプロセシング・ジェネラリスト」の資格がCQIから与えられます。

「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」募集要項

開催日 2018年10月29日(月)~30日(火)
時間帯 第1日 9:30~18:30
第2日 8:30~17:30
※詳細な時間割は受講が決定した方に当日までにお渡しします。
会 場 UCCコーヒーアカデミー SCA認定ラボ
兵庫県神戸市中央区港島中町7-7-7 UCC上島珈琲(株)本社ビル 2階 (アクセス
 定 員 24名
※最少催行人員:6名
※お申込者多数の場合、1社4名までとさせていただく場合がございます。
講 師 マネ・アルベス(Mané Alves)
※講義は英語でなされますが、通訳が付きます。
 費 用 【料金】
SCAJ会員    108,000円(税込)
SCAJ非会員   129,600円(税込)

【料金に含まれるもの】
CQI登録料、講師料、通訳料、教材費、施設使用料、昼食代

【料金に含まれないもの】
宿泊費、交通費、旅行保険等

※宿泊が必要な場合、原則としてご自身でご手配ください。

持ち物 カッピングスプーン・筆記用具・エプロン・電卓
 その他の重要事項 1.CQIへの受講登録
コース開始までにCQIのデータベースに受講者の情報を登録する必要があります。登録の手引きの資料をSCAJから受講者各位に提供しますので、登録作業自体は受講者ご本人がCQIウェブサイトにて行ってください。なお、お申込みの際にご提供いただいた情報はSCAJからもCQIに提供することがあります。

2. 成績表と認定証
合否の正式判定はコース終了後、CQI本部による成績の確認が終了してからとなります。SCAJから成績を通知することや認定証を送付することはありません。成績の確認や認定証の取得はいずれも受講者ご本人がCQIのウェブサイトにログインして行います。

3. 受講者情報の管理
受講者の情報はCQIのデータベースで管理されます。当該データベースには受講者ご本人がCQIウェブサイトからアクセスすることができます。当該データベースに登録された情報の管理は受講者ご本人が行うものとします。ウェブサイトへのアクセスに必要なユーザー名・パスワードにSCAJは関知しません。

4. 免責事項
(1) SCAJは本コースの開催にあたってCQIまたはインストラクターを代理するものではなく、コースの内容や受講者の成績について何ら保証せず、責任を負いません。
(2) SCAJはコース終了後に受講者をサポートする義務を負いません。受講にあたってお支払いいただく料金にはコース終了後の受講者に対するサポートの費用は含まれていません。
(3) 「Qプロセシングプログラム」を含めQ Coffee System に関する規則はCQIがそのウェブサイトや認定インストラクターを通じて周知しています。当該規則などに関する情報の取得は受講者ご本人で行うものとし、SCAJは当該規則の変更などがあった場合も受講者にこれを通知する責任を負いません。
(4) 前号までの記述にかかわらず、SCAJはCQIやインストラクターへの問い合わせにおいて受講者を無償で支援することがあります。この支援はあくまでもSCAJがその裁量にて行うものであり、SCAJの義務の履行ではありません。回答に要する時間や回答の内容について受講者はSCAJを免責するものとします。

お申込み方法 オンライン申込みとなります。下記フォームよりお申し込みください。
お申込みフォーム
 お申込み期間 2018年9月20日(木)10時~2018年10月5日(金)10時まで
(先着順に受け付けるため、期限前でも受付を終了することがあります)
お問合せ 日本スペシャルティコーヒー協会 事務局
Email: info@scaj.org

※申込方法についての注意事項

  • 参加者本人によるオンライン申込のみ受付いたします。
  • 参加申込みをする際は、事前にSCAJアカウントの取得(メールアドレスの登録とパスワードの設定)が必要です。
  • 既に、メーリングリストや各種セミナー申込み等で、SCAJアカウントを取得済みの方は、必ず既にあるアカウントをご利用ください
    (※複数のアカウントを作成すると登録内容が混在する恐れがあります)
    (※できる限りPCのメールアドレスのご使用をお願い致します)
  • まだ、アカウントを取得されていない方は、事前にアカウント取得をお薦めいたします。
    なお、こちらは個人成績管理を含む為、、アカウント1つにつき、1名/メールアドレス1つのみ有効です。
    複数の方で「アカウント」や「メールアドレス」を共有し、お申込みや登録をすることはできません

■ 新規アカウント取得はこちらから
■ アカウント登録情報の変更はこちらから